知りたい電話番号すぐ検索! 電話番号検索は電話帳ナビ アプリのダウンロードはこちら Google Play App Store

< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >

「調査(佐賀県)」の電話番号検索結果 1ページ目(189件中 1-20件)

検索条件

エリア: 佐賀県, キーワード: 調査 (189件)

関連する情報が「土地家屋調査士」に多く登録されています。「土地家屋調査士」で再検索する。

柴田浩輔土地家屋調査士事務所
画像
住所: 佐賀県多久市東多久町大字別府3539-3
電話: 0952-76-3951
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
大井手強登記測量調査事務所 ★★★★★ 5.0
住所: 佐賀県佐賀市中の小路5-33
電話: 0952-28-6039
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
川口浩土地家屋調査士事務所
画像
住所: 佐賀県唐津市原976-1
電話: 0955-77-1839
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
株式会社島内エンジニアみやき営業所
画像
住所: 佐賀県三養基郡みやき町大字東尾3034
電話: 0942-89-2500
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
庄野土地家屋調査士事務所
画像
住所: 佐賀県佐賀市本庄町大字本庄26-12
電話: 0952-60-1862
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
井上土地家屋調査士事務所
画像
住所: 佐賀県伊万里市立花町1604-214
電話: 0955-25-8320
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
岩崎道明土地家屋調査士事務所
画像
住所: 佐賀県唐津市千代田町2565-20
電話: 0955-80-7987
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
佐賀県庁/議会事務局/議事調査課/政務調査室、調査・記録担当
画像
住所: 佐賀県佐賀市城内1丁目1-59
電話: 0952-25-7306
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
田中土地家屋調査士事務所
一級建築士・土地家屋調査士・司法書士・行政書士らの合同事務所。設計/監理から測量/登記まで、住まいのワンストップサービスを提供する専門家集団です
住所: 佐賀県伊万里市立花町1542-48
電話: 0955-23-3263
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
鬼塚義徳土地家屋調査士事務所
画像
住所: 佐賀県小城市三日月町長神田2304-7
電話: 0952-72-4492
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
アイウズ全国自動車損害保険会社優良不良評価センター/保険会社社員対応・交渉・放置・賠償金支払・正規支払金不払・苦情受付実態調査部
画像
住所: 佐賀県佐賀市木原2丁目8-17
電話: 0952-28-5203
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
才田事務所
画像
住所: 佐賀県鳥栖市轟木町1423-1
電話: 0942-82-0814
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
有限会社大和ボーリング
画像
住所: 佐賀県佐賀市大和町大字川上427
電話: 0952-62-6022
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
清水ボーリング工業
画像
住所: 佐賀県唐津市相知町相知2739-17
電話: 0955-62-2881
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
株式会社エーネット
画像
住所: 佐賀県佐賀市嘉瀬町大字荻野148
電話: 0952-24-8780
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
馬場ボーリング
画像
住所: 佐賀県佐賀市川副町大字鹿江688-4
電話: 0952-20-7678
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
寺?登記測量事務所
画像
住所: 佐賀県三養基郡みやき町大字簑原3424
電話: 0942-81-8083
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
株式会社ガイアテクニカル
画像
住所: 佐賀県佐賀市兵庫北7丁目13-3
電話: 0952-27-1023
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
財団法人九州道路交通公安財団警備・調査部
画像
住所: 佐賀県佐賀市川副町大字鹿江670-8
電話: 0952-37-6378
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
第一総合探偵事務所
画像
住所: 佐賀県佐賀市駅前中央2丁目2-21-203
電話: 0952-36-7966
内容が違うので連絡 不適切な情報を通報
< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >

「調査」電話番号検索結果の新着クチコミ

柴田浩輔土地家屋調査士事務所

https://shibata-web.com/ 柴田事務所 ホームページです。 土地家屋調査士 柴田 浩輔
(2019年7月1日 14時04分)

大井手強登記測量調査事務所

耳寄り情報が寄せられ、某所を訪ねて、所有者の許可を得て、撮影し、入手のいきさつやそれにまつわる四方山話をしてきました。どなたでも結構ですので、こんな耳寄り情報があれば、連絡してあげてください。そして、一緒に楽しみましょうと言っていました。
(2012年10月11日 14時56分)

大井手強登記測量調査事務所

鍋嶋報效会(徴古館)は、1間の長さを1.997m=6尺5寸という結論を出しています。では、1尺の長さは?と新たな疑問も出てくる。 測量技術が、進歩している。原始筆界を決めた明治の頃の測量は、測量機械も今のものとは比べ物にならないくらい稚拙なものでした。しかし、日本を代表する伊能忠敬先生の大日本地図には、目を見張るものがあります。現在では、宇宙空間に衛星を飛ばして、GPS測量によって位置を確認しています。これにより、わかってきたことは、大陸は、ひょっこりひょうたん島のようであること。日本列島は、異なる3つのプレートに乗っていて、一日のうちに最大振幅5m移動を繰り返しているらしい。そして、一年間にそれぞれのプレートとともに2cmから4cm移動している。 こんなことがわかってくると、我々の職業は、いったい何をしようとしているのだろうか? 「不動産に係る国民の権利を明確にすること」 また、私の生活に、永久に答えの出ない、悩める日々が続くようです。
(2012年10月5日 14時13分)

大井手強登記測量調査事務所

現在の土地に地番が付き、土地の取引ができるようになったのは明治になってからです。 それが、原始筆界であり、原始地番と呼ばれるものです。 約140年後の現在、それをそのまま引き継いでいる土地は、稀ではないでしょうか? また、その面積も登記簿上の地積と違っているかもしれません。 明治政府は、版籍奉還(1869.6.17) ・廃藩置県(1871.7.14)を成し遂げ、壬申地券(1872)を発行して、地所永代売買解禁(1872.2.15)して、安定した税収を得るためそれまでの物納(年貢)から金納(地租:租税収入の約9割)へと転換しました。 しかし、その課税対象となる土地の面積を測る度量衡が全国統一されていなかった。測る技術も考え方も現在から比べると稚拙なものでした。ここ佐賀藩においては、1間=10尺(竃帳より)≠6尺だったらしい。 基準が変われば、面積も変わる。ということは、税金負担が変わるということで、一揆勃発。35万7千石を誇った佐賀県は、一時消滅することになった。 伊万里県に始まり、三潴県、長崎県と変遷して、佐賀県へと至っている。 同時に、記録も移動したのかどうか?県庁も過去2度の火災に見舞われている。佐賀の乱で一度消失し、記録も焼失した。昭和24年2月18日前夜に残業した職員の火の不始末による火災だったらしい。
(2012年3月23日 20時25分)

現在アクセスされている電話番号